text4.jpg
orange.gif

亀田誠治の機材、シールド

亀田誠治の機材、シールドは
★モンスターケーブルmonster bass★

を使用しているそうです。(ベースマカジンシールド特集にて、亀田誠治の項目参照)

そこで亀田誠治大好きの僕としてはさっそくこの機材を試すべく購入。

商品説明でも書いてあるが亀田誠治以外にもこのシールド愛好者は多い。

★モンスターケーブルmonster bass★

商品ページより
芯線内部に2本の太いコア線(低域用)を用いることで、低域伝達特性をより向上させています。単に低域を強調するのではなく全周波数帯域を均一に再生できるように芯線内部が構成されており、高いレスポンス特性も兼ね揃えています。ダイナミックレンジの広いベースサウンドに適した輪郭のはっきりしたサウンドが得られます。 Red Hot Chill Peppersの「FLEA」も愛用するベーシストの為のケーブルです。

との事、他にもzazenn boys日向氏も使用しているそうです。

早速試してみる。

あの亀田誠治トーンになるのか?

確かに音は太い(気がする)しかし自分ではぱっと聴く感じ、カスタムオーディオと変わらない感じ。

亀田誠治の機材を真似するだけではダメなのか!?

ピッキングを早く、意識、東京事変DVDを見ながら亀田誠治氏のフォームも真似してみる。

ライン取りした音を聴くと確かに亀田誠治の音の「何か」の部分が見える気がする。

単純に亀田誠治トーンに近づけたい場合、
★モンスターケーブルmonster bass★

は有効であると判断してみました。
亀田誠治の機材レビューでした。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。